DASとSANの違った特徴 | nasで企業をサポート|ローコスト管理で情報をノーロスト

nasで企業をサポート|ローコスト管理で情報をノーロスト

女性

DASとSANの違った特徴

男性

nasのようなストレージ装置の中にはDASも存在します。
DASはストレージを一台のパソコンへ直接接続するハードディスクのことであり、最もよく利用されているストレージ装置として知られています。接続に必要な費用がとても手軽であり、中小企業などのネットワークに大きな費用を使うことができない会社でも利用することができます。また接続もとても簡単なため専門的な知識を持っていない人でも利用することができるようになっています。増設する際の作業も簡単であり、一部の種類のDASならば複数台のストレージを接続することも可能です。一方でデータ管理には手間がかかりやすく、バックアップをとる場合は一台一台のパソコンでそれぞれ操作する必要があります。
手軽にストレージ装置を使ってデータ管理をしたい場合にとって、DASはとても効率的なストレージ装置です。

SANはストレージ専用のネットワークを構成してデータ管理をする方法です。
ハードディスクにアクセスする際のスピードがとても早く、パソコン同士のデータ管理もとても快適にすることができます。ストレージの管理もスムーズにすることができるため、会社にとって最も効果的な方法とも言えます。ですが導入する際には複雑な接続をすることになるため、専門知識を持った人でなければ接続に手間取りやすいです。またストレージ専用のネットワークを構築する際に専用機器を導入する必要があり、他のストレージ装置に比べて導入コストが高額になるので注意が必要です。しかしそれらを補うのに十分な効果を発揮してくれるため、大手企業などでも利用されています。
データ管理をより円滑にしていきたいと考察している場合は、SANによるデータ管理を検討してみると良いでしょう。